売り買いで重要なのは

外為取引をはじめたばかりの方が為替相場の勘所を見つけるには初めに取引経験を積み重ねることが大切である。76-3-91

先にピンチを回避できるようになるためには、へまを積み上げることも重要です。76-13-91

当然、ミスをするといっても、元に戻せないほど決定的な失敗をする事は問題外です。76-8-91

やり直せるぐらいの間違いを何度か実績を積む事が、最後に自身の経験値を高めてくれるはずだ。76-10-91

こう考えると最初は少額資金でトレードを行ないそこで何度かちょっとした間違いをすることが大切です。76-18-91

例として、100万円だけしか投資する余裕が無い人が、よく考えずに100万円を全額賭けて注文すると、損した時、その後元に戻せない恐れがある。76-7-91

それより、一例として資金の10%ずつ小分けして注文してそこでトレードを積み重ねた方が段々と間違いを対応する方法なども学習していくはずです。76-11-91

まずわずかな額で取引する事の良いところは先に記したように、自身の体験を増やし、間違いを避ける方法を身につけることにあるが、同時に、売り買いの回数を増やす事で、偶然性を削減できるという良いところもあります。76-5-91

仮に、1回の注文で儲けられる確率が二分の一だとします。76-4-91

この条件では、同じ条件で損する危険性もあります。76-20-91

勝率50%ということは二分の一の割合で勝利できる事を言い表しています。

ですが、全ての投資資金を投資して1度のみの勝負をするということは勝ちか、負けのいずれかになります。

このままでは1度だけの丁半バクチと同じです。

要するに、全ての資金をつぎ込んで1回だけしかエントリーしないとこれではマイナスになる可能性が高くなってしまいます。

だから、お金を全部使うのではなくいくつかに分けて、チャンスを多くすることがリスク管理となります。

また何度かに分けたとしても、すべての取引で儲ける事は重要ではありません。

勝てないのが本当のところです。

売り買いで重要なのは、勝つ確率ではなく、どれほどプラスに出来るかです。

勝率が2分の1でもまた勝率3割でも利益を上げる事が出来ます。

負ける確率が高くてもマイナスが少なければ、少ない勝利の儲けの大きさで十分に利益を上げる事が出来ます。

そのために必要な事は、損を小さく、利益を大きくを心がけることです。

損失が出たら間髪を入れず損切り注文して、逆に勝てる時には可能な限り大きく儲けることが外為取引初心者がFXで勝利するための極意です。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.mbveloit.com All Rights Reserved.