受け取り方一つでクレームはプラスになる

近年よく過剰なクレームというものが、面白おかしく取り上げられるようになりました。ハーブガーデンシャンプー

話を聞いていると確かに酷く無茶なこじつけだと思えるものもあって、クレーム対処係りの苦労がしのばれます。

しかしそれと同時に、当たり前の苦情をすぐクレームだとして排除してしまう動きも見られます。

正しいことを主張したとしても、意見をいうだけですぐクレーマー扱いというのはたまったものではありません。

クレームというものを生かし、商品やサービスの改善につなげていこうという考えは昔から存在したものです。

ですが一部の悪質なクレーマーや、誠意のない企業の対応のせいで、それが少し歪んでしまったように思います。

正しい対応をすれば、正当な利用者は必ずわかってくれるといいます。

本来店と客の関係はそういった、ある意味では対等なもので、どちらが神様でも加護を受ける側でもありません。

クレームというものに対して、私たちがどう考えていくのか。

そこにこれからの商業の発展がかかっているのでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.mbveloit.com All Rights Reserved.