支払っていくことも可能ということです

民事再生は住宅のローンも含む複数ある債務に悩む個人をターゲットとしてマンションを維持しつつも金銭的に立ち直るために法的機関を通した謝金の整理の手段として2000年11月に適用された法律です。77-7-91

民事再生という制度には、破産手続きとは異なり免責不許可となる条件はないので、賭博などで債務がふくらんだ場合でも民事再生は取れますし、破産申請をすれば業務が行えなくなってしまうような立場で仕事をされている人でも民事再生手続きは検討できます。77-3-91

破産の場合には住居を残しておくことは考えられませんし、その他の選択肢では、元金自体は返済していかなくてはなりませんので、住宅のローンも払いながら返済をしていくことは実際のところ困難だと考えられます。77-18-91

ですが、民事再生による処理を選ぶことができれば、マンション等のローンを除く借金は十分なものを減額することも可能ですので、余裕をもって住宅のためのローンを続けながら他の借り入れ分を支払っていくことも可能ということです。77-12-91

民事再生による解決は任意整理または特定調停等とは異なって一部の借り入れだけを除き処理していくことは考えられませんし、自己破産のように借り入れ金それ自体消えてしまうということでもありません。77-15-91

それから、それ以外の方法に比べていくらか複雑で時間が必要ですので、住宅ローン等を持っていてマンションを維持する必要があるような状況等以外において、破産宣告等の他の整理ができない際の限定的な解決策とみなした方がいいと思います。77-2-91

77-8-9177-20-9177-13-9177-9-91

コンテンツ

Copyright © 1999 www.mbveloit.com All Rights Reserved.