ナンピン買いのロジックを知ると

ありふれた初心者用の外為取引の情報では、「損失が生じた場面ではナンピンして、全体のコストを下げることができる」とアドバイスしていますが、正直それには引っ掛けが隠れています。

まずは、ナンピン買いの仕組みについて易しく記述します。

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。

$(ドル)買いだから、円安に進むほど利益が大きくなるわけですが1ドルが95円まで円高ドル安方向に触れたとします。

このまま保持し続けたとしたら、利益がでるためにはドル安になった分円安ドル高に動く必要があります。

損は早めに無くしたいと願うだろう。

そこではじめにエントリーしたのと同じ量の$を、1ドル95円で買い増します。

そうしたら、ポジション全体の価格は97円50銭まで低くする事が出来ます。

すなわち、半分の幅で円安ドル高が進めばマイナスを取り戻す事が出来ます。

この流れがナンピンのやり方です。

このように、ナンピン買いのロジックを知ると、「その通り」という考えになるが、為替相場はそう容易には思うようにはいきません。

最初から、95円が底だということなど誰も予想できません。

もしも、外国為替市場が円高ドル安基調だとしたら1ドル95円では収まることなく、一段の円高にいくリスクが高いです。

仮定として、97.50円でナンピンをしたとしても95円までドル安に進んだらナンピンをしたポジションも損が生じます。

そういう状態では最初に注文したドルと合計で、更なる損を被ることになる。

この例のように、ナンピン買いはややこしいです。

それでは、マーケットがあなたの台本とは逆にさっと進んだ場合いかなる方法で危険を軽減すればいいのでしょうか。

そういう時には取るべき対策は限られています。

まずひとつめは潔く損切りをすること。

もうひとつは、その段階で、自分か持っているポジションを縮小することによって再び市場が戻るのを動かないで待機する事です。

かなり消極的な手法だと言う方もいます。

だがしかし、自分のポジションに差損が出た時一番正しいやり方はこれよりいいものはあるはずがありません。

無論、机上では、ナンピン買いを入れるという対策もありえます。

だがナンピン買いは自分が損失を出している場面にもかかわらず、ポジションを小さくするどころか、遂に買いポジションを積み増していく対策です。

この手法では、危険性を回避することなど、どう考えても無理だと思ったほうかいいだろう。

ナンピンを続ければその内利益を上げられるかもしれません。

しかし、それ以前にお金がショートしてしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.mbveloit.com All Rights Reserved.