ここでどう処理する結果が原因となり

予測せず不意に遭遇してしまうのが交通事故です。http://wakaoq.weblog.vc/

ここでどう処理する結果が原因となり、自動車保険金の支払金も全く変わってくるケースも想定されますので冷静な考え方と行動力が求められます。子供 ベット おすすめ

予測できない状況に遭遇してパニックになってしまったら必要な工程を見落してしまい、後で大損をしてしまう場面も予測できるので乗用車の事故を起こしてしまった場面では落ち着いて次に述べる処理をします。

交通事故をしてしまった状況で一番初めにする必要があるのは負傷した人がいるかどうかの確認です。

乗用車の事故の後すぐは動揺して何も出来ない状態になってしまう場面があり短期間で対応できないのが通常です。

その場面では、怪我人がいたとしたら安全が確認された地点に運んでから手当てを行い周りの人に助けを求めるなどを行い人命救助最優先に努めることが大切です。

119番に連絡する場合は適切な場所を告げて分かりにくい場合には辺りの有名な学校や町名を知らせて事故が発生した住所が分かるようにします。

その後に警察へ連絡し、交通事故があった旨そして現状を知らせます。

救急車と警察が来るのを待っている間に相手の事を確かめます。

姓名、住所、電話番号、免許相手側の自動車保険会社等お互いのことを教えあいます。

その時に事故の相手に違反があった場合その場で処理するケースが存在しますがすぐにやり取りするのではなく、どんな風なケースだとしても警察署や車の保険会社報告して、公平にジャッジしてもらう事が大切です。

それぞれの情報をやり取りしたら車の妨害になることをやめるために邪魔な物を道路から取り去ります。

万一被害が通りかかった人の交通の邪魔となっている場合は、情報を交換する前にこの対応を行うことは問題ありません。

その次にあなたの自動車の保険会社に知らせ車での事故を起こしてしまった事を届け出ます。

交通事故から特定の時間内のうちに自動車保険の会社に連絡しておかないと、自動車の保険の適用されないケースも考えられるので極力素早く電話をすることが大切です。

現場の跡としてデジカメや携帯等を用いて事故現場やマイカーの破損状態を見ることができる写真を撮っておきます。

その写真は過失の割合決定するとても重要な糸口となりますので己のクルマや相手の車の状態を全部証拠写真として残しておきます。

この場面で目撃した人がいたのなら警察の人や自動車保険会社の人が着くまでその場にそのまま待って頂けるようにお願いするのも忘れないようにしてください。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.mbveloit.com All Rights Reserved.